« 今日はお鍋にしてみました | トップページ | 静かで落ち着いた皇居東御苑 »

2008年9月23日 (火)

真赤な彼岸花や秋の七草が小石川植物園に咲き広がる


 9月も彼岸を過ぎた頃からめっきり涼しくなり、いかにも秋らしくなってきました。小石川植物園では真赤な彼岸花や秋の七草が園内に咲き広がっています。


 秋の彼岸の時期になると、植物園の随所で燃える炎のように真っ赤な美しくヒガンバナ(彼岸花)が咲き出します。


 ヒガンバナ科の多年草で、赤い花が大多数ですが、白いヒガンバナもあります。曼珠沙華(赤い花をあらわす梵語)の別名があります。


 また、妖しく美しく咲くヒガンバナは昔から墓地などに植えられることが多く、彼岸の時期と合わせて、まさに先祖の霊を弔っているような感じがします。


 秋の七草も園内で咲いているのを見かけます。これはハギ(萩;マメ科)の花です。紅紫色の小さな花を細い枝に多数つけて枝垂れて咲いています。このミヤギノハギ(宮城野萩)は夏から咲き始め、夏萩とも言われる。萩は草本でなく木本ですが、秋の七草の一つになっています。


 キク科の多年草フジバカマ(藤袴)も秋の七草の一つです。花色が藤の花に似ていることから「藤袴」の名が付いたとのこと。うっかり道ばたの雑草として見逃してしまいそうです。


   …> 季節のスケッチ(20年9月)

|

« 今日はお鍋にしてみました | トップページ | 静かで落ち着いた皇居東御苑 »

季節・風景・植物」カテゴリの記事

小石川植物園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日はお鍋にしてみました | トップページ | 静かで落ち着いた皇居東御苑 »