« 温野菜を作りました! | トップページ | 細胞操作を自在に実験できる魔法のデバイス »

2009年2月15日 (日)

輝き萌え出づる春の野

 春一番が吹いた次の日、新春の地面からまばゆいほどの黄金色の輝きを放ちながらフクジュソウ(福寿草)の花が咲いているのを小石川植物園で見つけました。

 春光を受けて咲くフクジュソウの花を見ていると、稲畑汀子の俳句「地の果ての 日を抱きたる 福寿草」がいつも思い起こされます。北の大地の岬で詠んだそうです。
 
フクジュソウ
 
 フクジュソウが咲くすぐそばの草むらを見やると、春の野の花ホトケノザやナズナも咲いていました。いよいよ春本番です。
 
ホトケノザやナズナ

|

« 温野菜を作りました! | トップページ | 細胞操作を自在に実験できる魔法のデバイス »

季節・風景・植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518852/44073463

この記事へのトラックバック一覧です: 輝き萌え出づる春の野:

« 温野菜を作りました! | トップページ | 細胞操作を自在に実験できる魔法のデバイス »