« 料理(コロッケ) | トップページ | いよいよソメイヨシノが満開になり春本番です »

2009年3月29日 (日)

今年も森の妖精カタクリの花に出会う



 東京の桜は早くも 3/21に開花しましたが、その後の花冷えもあって4月初旬までは花が続きそうです。この時期はサクラだけでなく、サンシュユ、シナミズキ、コブシなどが木々が一斉に咲き出します。また今年も森の妖精のようなカタクリの花も見つけました。


 山野に群生するカタクリ(片栗;ユリ科)の花が、植物園にも自生しています。普通は足を運ばない奥まっている草むらが自生地になっていて、この時期になると咲いているかどうか気になってきます。こんな感じですので、カタクリの花を見つけると本当に嬉しくなります。カタクリの花は、まるで春の陽光の下で森の妖精たちが遊んでいるように見えます。


 草むらの片隅にひっそりと咲く二リンソウ(二輪草;キンポウゲ科)の花を見つけました。二リンソウはひとつの茎に2輪の花が咲きます。


 満開のサンシュユ(山茱萸;ミズキ科)。小さな黄金色の花が点々と木枝の至るところから吹き出している感じになり、勢いがあります。


 春を告げる無数の小さなコブシ(辛夷;モクレン科)の白い花が高い樹上に咲いていました。コブシの花を見ると、いつも春の訪れの歓びを感じ、北国の春が想い出されます。


 この他にも、いろんな木々の花、野の花が咲いていました。
    …> 季節のスケッチ (21年3月)

|

« 料理(コロッケ) | トップページ | いよいよソメイヨシノが満開になり春本番です »

季節・風景・植物」カテゴリの記事

小石川植物園」カテゴリの記事

コメント

大変きれいな花ですねやはりかたくりは自生しているもので、育てるのは難しいんでしょうね。すごく可憐でいて、一方で躍動感も感じられる花で僕も気に入りました。
来週は桜を楽しめそうでたのしみで~す

投稿: やその | 2009年4月 1日 (水) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年も森の妖精カタクリの花に出会う:

« 料理(コロッケ) | トップページ | いよいよソメイヨシノが満開になり春本番です »