« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

いよいよ紫陽花が似合う季節になりました

 明日から6月になりますが、最近は梅雨模様のような雨の日が多くなっています。5月は新緑とともにツツジ、ハナミズキなどで華やかな季節でしたが、6月になると紫陽花や花菖蒲の出番になります。
 
 近所に将軍綱吉と生母桂昌院の厚い帰依を受けた白山神社がありますが、例年6月上旬には紫陽花まつりで賑わいます。今日はまつり前の白山神社に参拝してきました。人出は少なかったのですが、境内には色とりどりの紫陽花が咲き始めていました。
白山神社に咲き始める紫陽花
 実は白山神社の境内の裏のひっそりとした所にドクダミの群生地があります。今日ものぞいてみたら同じ場所にしっかりと咲いていたので嬉しくなってしまいました。
白いドクダミの花

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

立夏から小満の候、草木繁りしっとりと落ち着く頃

 立夏が過ぎ、5月も中頃になると、草木が茂り全体的にしっとりと落ち着いた時候になってきます。また時折の雨空は来月の入梅を予感させます。
 
 小石川植物園の日本庭園のゾーンではツツジ科のピンク色のカルミアの花が満開になっていました。別名がアメリカシャクナゲ(亜米利加石楠花)です。コンペイトウのような小さな花が競って咲いています。
満開のカルミアの花、別名アメリカシャクナゲ(亜米利加石楠花
 また、アヤメの仲間の花も多く見かけます。日本庭園の池の周りに黄色のキショウブや青色のカマヤマショウブが咲き始めました。これから6月にかけていろんな色の花菖蒲も楽しめるようになります。
日本庭園の池の周りのキショウブの花

| | コメント (0)

2009年5月 5日 (火)

夢の島熱帯植物館を訪問

 都立夢の島熱帯植物館を初めて訪れました。この植物館は小笠原諸島が日本に返還され熱い思いの中、1988年に都立夢の島公園の中にオープンしたもので、小笠原諸島の貴重な植物を中心に、熱帯、亜熱帯の植物を自然に近い状態で体験できるようになっています。 → 都立夢の島熱帯植物館のHP
小笠原諸島の貴重な植物が生育されている夢の島熱帯植物館
 熱帯植物館なので、高温多湿の状態に保たれていますが、この季節では適度な暑さです。熱帯・亜熱帯ならではの珍しい植物も多く、生物の多様性にはただただ驚くばかりです。
左から、本当に赤い紐が垂れ下がっているようなベニヒモノキ(トウダイグサ科)、比ルソン島の自生地で絶滅が危惧されていて花の独特の色が宝石の翡翠に似るヒスイカズラ(マメ科)、鉢植えでよく見かける胡蝶蘭(ラン科)
 館内にはいろんな植物が成育しています。左から、本当に赤い紐が垂れ下がっているようなベニヒモノキ(トウダイグサ科)、比ルソン島の自生地で絶滅が危惧されていて花の独特の色が宝石の翡翠に似るヒスイカズラ(マメ科)、鉢植えでよく見かける胡蝶蘭(ラン科)です。
 大型連休GWの期間中でしたが、それほど混みもせず、ゆっくりと見学出来ました。また館内で観葉植物が販売されていて、立派なストレッチア・オーガスタを格安の値段で求めてきました。大満足!!
 

| | コメント (1)

2009年5月 3日 (日)

五月に入り木々の緑が一層あざやか

 今年の大型連休は、「高速料金1000円」のおかげで各地の行楽地は大賑わいのようです。小石川植物園は5月に入り、木々の緑が一層あざやかになってきました。5月4日はみどりの日に設定されていますが、まさにピッタリです。
 
ナツボダイジュの新緑
 
 これはナツボダイジュ(夏菩提樹;シナノキ科) の大樹です。青々とした葉を茂らせていました。種子から数珠をつくります。シューベルトの歌曲で知られるリンデンバウムの木は同じ仲間。これ以外の大樹たちもこぞって緑衣をまとい始めています。
 
ヒトツバタゴ(ナンジャモンジャ)
 
 面白い木を紹介します。ヒトツバタゴ(モクセイ科)の大樹です。白い花が満開になって咲いているのですが、まるで白い粉雪で覆われているように見え壮観です。畏敬の念すら覚えます。ナンジャモンジャの別名があるのも頷けます。

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »