« 五月に入り木々の緑が一層あざやか | トップページ | 立夏から小満の候、草木繁りしっとりと落ち着く頃 »

2009年5月 5日 (火)

夢の島熱帯植物館を訪問

 都立夢の島熱帯植物館を初めて訪れました。この植物館は小笠原諸島が日本に返還され熱い思いの中、1988年に都立夢の島公園の中にオープンしたもので、小笠原諸島の貴重な植物を中心に、熱帯、亜熱帯の植物を自然に近い状態で体験できるようになっています。 → 都立夢の島熱帯植物館のHP
小笠原諸島の貴重な植物が生育されている夢の島熱帯植物館
 熱帯植物館なので、高温多湿の状態に保たれていますが、この季節では適度な暑さです。熱帯・亜熱帯ならではの珍しい植物も多く、生物の多様性にはただただ驚くばかりです。
左から、本当に赤い紐が垂れ下がっているようなベニヒモノキ(トウダイグサ科)、比ルソン島の自生地で絶滅が危惧されていて花の独特の色が宝石の翡翠に似るヒスイカズラ(マメ科)、鉢植えでよく見かける胡蝶蘭(ラン科)
 館内にはいろんな植物が成育しています。左から、本当に赤い紐が垂れ下がっているようなベニヒモノキ(トウダイグサ科)、比ルソン島の自生地で絶滅が危惧されていて花の独特の色が宝石の翡翠に似るヒスイカズラ(マメ科)、鉢植えでよく見かける胡蝶蘭(ラン科)です。
 大型連休GWの期間中でしたが、それほど混みもせず、ゆっくりと見学出来ました。また館内で観葉植物が販売されていて、立派なストレッチア・オーガスタを格安の値段で求めてきました。大満足!!
 

|

« 五月に入り木々の緑が一層あざやか | トップページ | 立夏から小満の候、草木繁りしっとりと落ち着く頃 »

季節・風景・植物」カテゴリの記事

コメント

近くにありながら私も行ったことがありませんでした。先日神戸の植物園の中にある熱帯植物園に行きましたが、熱帯植物は色が鮮やかで、また普段は見れない植物もたくさんあり、大変興味深かったですclub
今度、一緒に行ってみましょうdiamond

投稿: Yasono | 2009年5月 6日 (水) 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 五月に入り木々の緑が一層あざやか | トップページ | 立夏から小満の候、草木繁りしっとりと落ち着く頃 »