« 新緑の中、白いハンカチノキの花が舞う | トップページ | 夢の島熱帯植物館を訪問 »

2009年5月 3日 (日)

五月に入り木々の緑が一層あざやか

 今年の大型連休は、「高速料金1000円」のおかげで各地の行楽地は大賑わいのようです。小石川植物園は5月に入り、木々の緑が一層あざやかになってきました。5月4日はみどりの日に設定されていますが、まさにピッタリです。
 
ナツボダイジュの新緑
 
 これはナツボダイジュ(夏菩提樹;シナノキ科) の大樹です。青々とした葉を茂らせていました。種子から数珠をつくります。シューベルトの歌曲で知られるリンデンバウムの木は同じ仲間。これ以外の大樹たちもこぞって緑衣をまとい始めています。
 
ヒトツバタゴ(ナンジャモンジャ)
 
 面白い木を紹介します。ヒトツバタゴ(モクセイ科)の大樹です。白い花が満開になって咲いているのですが、まるで白い粉雪で覆われているように見え壮観です。畏敬の念すら覚えます。ナンジャモンジャの別名があるのも頷けます。

|

« 新緑の中、白いハンカチノキの花が舞う | トップページ | 夢の島熱帯植物館を訪問 »

季節・風景・植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新緑の中、白いハンカチノキの花が舞う | トップページ | 夢の島熱帯植物館を訪問 »