« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月27日 (日)

初秋の山形風景

 今年の9月は敬老の日や秋分の日などが繋がって大型連休(シルバーウィーク)になりました。いろんな都合があったため、今回は郷里の山形を訪れ各地で初秋の風景に出会ってきました。
 
 
 この時期は収穫の時期です。山形は全国有数の米の産地ですが、黄金色が広がる田園風景を目の当たりにすると、秋を実感します。
 
 
 昨今の蕎麦ブームを反映しているからか、最近では蕎麦の作付面積も増加しています。ちょうどこの時期が秋ソバの白い花が満開になっていています。

 
 また、久しぶりに「閑さや岩にしみ入る蝉の声」という芭蕉の俳句で有名な山寺(立石寺)の階段を上ってきました。足がフラフラとなりましたが、何とか見晴台まで到着。ここからの眺望が素晴らしく、疲れも吹っ飛びます。
 
 
 山寺の入り口の近くでは、この時期ならではコスモスの花が秋風に乱舞していました。これ以外にも上山のかかし祭り、米沢の天地人博なども訪れてきましたが、詳細は、季節のスケッチ(21年9月+山形)を参照下さい。

| | コメント (0)

2009年9月 1日 (火)

曼珠沙華が咲く9月に入りました

 地殻変動が起きた8/30の衆議院総選挙に合わせたかのように強風、大雨の台風11号が到来し、今年の夏が終わりました。9月に入り多少の残暑が残るでしょうが、さわやかな秋晴の季節になりました。
 私の9月の花はヒガンバナ(彼岸花)です。ちょうど秋の彼岸の頃に真紅の花が群生して咲き出します。

 ヒガンバナは見るからに妖しく美しく咲く花です。梵語で天上に咲く花という意味で「曼珠沙華」の別名もあります。真紅と白い花があります。

 何年か前に父が亡くなったのがちょうどこの頃で、ちょうどヒガンバナが亡くなった人を弔っているような気持ちを覚えました。
 その時の長男の弔歌です。
 「成仏の 階段彩る 彼岸花 亡き祖父想い 心安らぐ」

 私もその頃、群生するヒガンバナの近くに、仏像が数多く立ち並んでいるような光景を見つけハッと驚いたものです。仏像に見えたのはスギの仲間ラクウショウの気根です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »