« 曼珠沙華が咲く9月に入りました | トップページ | 金木犀の香るさわやかな10月を迎えました »

2009年9月27日 (日)

初秋の山形風景


 今年の9月は敬老の日や秋分の日などが繋がって大型連休(シルバーウィーク)になりました。いろんな都合があったため、今回は郷里の山形を訪れ各地で初秋の風景に出会ってきました。

 
 この時期は収穫の時期です。山形は全国有数の米の産地ですが、黄金色が広がる田園風景を目の当たりにすると、秋を実感します。

 
 昨今の蕎麦ブームを反映しているからか、最近では蕎麦の作付面積も増加しています。ちょうどこの時期が秋ソバの白い花が満開になっていています。

 
 また、久しぶりに「閑さや岩にしみ入る蝉の声」という芭蕉の俳句で有名な山寺(立石寺)の階段を上ってきました。足がフラフラとなりましたが、何とか見晴台まで到着。ここからの眺望が素晴らしく、疲れも吹っ飛びます。

 
 山寺の入り口の近くでは、この時期ならではコスモスの花が秋風に乱舞していました。これ以外にも上山のかかし祭り、米沢の天地人博なども訪れてきました。

 
 米沢市の上杉神社。米沢は上杉景勝が最終的に居城を構えた地です。新潟→会津→米沢と移りましたが、ここ米沢に廟堂を設けました。

 
 藩財政の窮乏を救った名君上杉鷹山公の像です。「為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり」は鷹山公の名言です。

 
 上山市では「全国かかし祭り」が催され、市民公園を舞台に秋晴れの空のもと、県内外から案山子(かかし)が大集合していました。

 
 手をつないで元気よく遊んでいると思ったら、これもかかしでした。学校の生徒たちの作品です。

 さらには、季節のスケッチ(21年9月+山形) へ。


|

« 曼珠沙華が咲く9月に入りました | トップページ | 金木犀の香るさわやかな10月を迎えました »

季節・風景・植物」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曼珠沙華が咲く9月に入りました | トップページ | 金木犀の香るさわやかな10月を迎えました »