« 初秋の山形風景 | トップページ | 寒露の頃、秋の佇まいが進行 »

2009年10月 1日 (木)

金木犀の香るさわやかな10月を迎えました

 今年の10月はさわやかな秋晴でスタートしました。この頃になると、街中を歩いて芳香が漂ってくる方向を見やると、金木犀(キンモクセイ)の花が咲いていたりします。春の沈丁花(ジンチョウゲ)とともに目を閉じていても季節を実感させてくれます。

               (17年10月、自宅の庭)
 
 また澄み切った秋空の下、秋明菊(シュウメイギク)や秋桜(コスモス)など秋の字が付いた花々も目に付きます。

 白いシュウメイギクの花です。可憐な感じで群生していて、風にたなびいています(20年10月、小石川植物園)。
 

 無数の赤、白、ピンクの秋桜(コスモス)の花が風に舞っています(20年10月、国立武蔵丘陵森林公園)。
 

|

« 初秋の山形風景 | トップページ | 寒露の頃、秋の佇まいが進行 »

季節・風景・植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初秋の山形風景 | トップページ | 寒露の頃、秋の佇まいが進行 »