« 立春が過ぎ梅の香に誘われて | トップページ | 野の花プラス、梅百科の新コンテンツ追加 »

2010年2月21日 (日)

早春の陽光に輝く野の花々

 2月に入り厳しい寒さが続いていましたが、ようやく気候が和らぎ、柔らかな陽光が心地よく感じられるようになってきました。

 小石川植物園では、陽気のせいもあって、満開の梅の花の下で大勢の人が花見をして楽しんでいました。また、草むらを見やると、いろんな野草の花がまばゆい陽光の中で輝いていました。


 梅林の白梅を見上げると、盛んにウグイスならぬメジロが花を啄んでいました。メジロは体がウグイス色、目の周りが白いのが特徴です。


 代表的な早春の野草であるフクジュソウ(福寿草;キンポウゲ科)の花が、数輪まばゆい黄金色を放ちながら咲いていました。陽光を抱いているような感じです。


 メタセコイア林の近くの枯葉の中で、ユキワリイチゲ(キンポウゲ科)の山野草が小さな白い花を咲かせ、ひっそりと群生していました。何年も植物園に通っているのですが、初めて見つけました。ルリイチゲの別名もあります。


 星くずのような小さく可憐なオオイヌノフグリ(ゴマノハグサ科)の花が草むらに点々と咲いていました。路傍や畑のあぜ道などどこにでも見られます。


 薄青紫色の小さなスミレの花がポツンと咲いていました。重なる枯葉の間からそっと顔をのぞかせているようです。この花も山野、人里など至るところに自生しています。

 

|

« 立春が過ぎ梅の香に誘われて | トップページ | 野の花プラス、梅百科の新コンテンツ追加 »

季節・風景・植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立春が過ぎ梅の香に誘われて | トップページ | 野の花プラス、梅百科の新コンテンツ追加 »