« 野の花プラス、梅百科の新コンテンツ追加 | トップページ | 森の中で楽しく遊ぶカタクリの花 »

2010年3月14日 (日)

春の彼岸を目前に花々が一斉開花

 早いもので啓蟄が過ぎ、春の彼岸が近づいてきました。連日のぽかぽか陽気もあって、小石川植物園内はいろんな花々が一斉に開花してきました。

園内のパノラマ写真
 園内のパノラマ写真です。中央の早春桜が満開になっています。左はクスノキの巨木、右はニレの高木、精子発見のイチョウの木と続きます。
 
満開の安行寒緋(サトザクラの一品種)
 ソメイヨシノの開花を前に、安行寒緋(サトザクラの一品種)がまさに満開を迎えていました。うすピンク色の花が青空を埋め尽くし、壮観でした。
 
サンシュユ(山茱萸;マンサク科)の小粒の黄金色の花
 サンシュユ(山茱萸;マンサク科)の木枝からは、小さな黄金色の花が次々と吹き出していました。サンシュユの木は梅園内にもあって、紅梅、白梅と相まって赤白黄の三重奏のキャンバスのようです。
 
春を告げる無数の小さなコブシ(辛夷;モクレン科)の白い花
 春を告げる無数の小さなコブシ(辛夷;モクレン科)の白い花が高い樹上に咲いていました。コブシの花を見ると、「北国の春」が歌が想い出され、春の訪れの歓びを感じます。
 
森の妖精カタクリの花
 山野に群生するカタクリ(片栗;ユリ科)の花が植物園にも自生しています。今日は草地でカタクリの花を数輪見つけました。まるで春の陽光の下で森の妖精のような花です。これから近隣に数多く咲き出してきます。


|

« 野の花プラス、梅百科の新コンテンツ追加 | トップページ | 森の中で楽しく遊ぶカタクリの花 »

季節・風景・植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野の花プラス、梅百科の新コンテンツ追加 | トップページ | 森の中で楽しく遊ぶカタクリの花 »