« 紀州の旅Ⅰ 弘法大師が開いた聖地高野山を訪ねる | トップページ | 紀州の旅Ⅱ 将軍吉宗のふるさと和歌山城 »

2011年5月11日 (水)

大震災から2ヶ月、依然として11万人を超える避難者が存在


 3月11日の大震災発生から、今日でちょうど2ヶ月になり、各地で犠牲者追悼の行事が行われることになっています。最近では、原発警戒区域20キロ圏内で初の一時帰宅が実現したとか、遅れていた小中学校の入学式が次々に行われ授業が再開したとか明るい話題も多く、何となく平穏になったような気になってしまいます。

 しかしながら、実際には依然として11万人を超える方が避難生活を続けていて大変な状況が続いています。また、疲労困憊し、困窮する被災者や被災した中小事業者の再建をどうするかなども大きな課題です。必要な仮設住宅の建設も思うように進んでいないようです。一刻も早くきめ細かな復旧・復興策を実行してくことが肝要です。静岡の浜岡原発をどうするかも大事な話かもしれませんが、急務ではありません。本当に厳しい状況が続いている被災地の状況を直視し、迅速かつ適切な復興策を講じることが最優先の課題かと思います。

                   (5月10日現在)
 避難所に身を寄せる被災者 11万7085人
 死 者 1万4949人
 行方不明者 9880人
 完成した仮設住宅 7441戸
 必要な仮設住宅 15万世帯分
 断 水  約7万2000戸

<最近目についた災害関係サイト>

●震災当日のリアルな大津波の動画(宮古海上保安署撮影)。最近 SankeiNewsからYouTubeにアップされました。改めて、大自然の威力のすさまじさを実感させられます。

●東京電力 電力の使用状況グラフ(当社サービスエリア内)。最近夏日もありましたので、ピーク電力が気になります。計画停電は避けて欲しいです。http://www.tepco.co.jp.cache.yimg.jp/forecast/index-j.html

●東京の水系マップ。自宅の水道がどの水源から流れてくるのかが分かります。

●NAVER全国放射能情報。身の回りの放射線量や水道水のことがよく分かります。http://www.naver.jp/radiation?type=fukushima


|

« 紀州の旅Ⅰ 弘法大師が開いた聖地高野山を訪ねる | トップページ | 紀州の旅Ⅱ 将軍吉宗のふるさと和歌山城 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518852/51641595

この記事へのトラックバック一覧です: 大震災から2ヶ月、依然として11万人を超える避難者が存在:

« 紀州の旅Ⅰ 弘法大師が開いた聖地高野山を訪ねる | トップページ | 紀州の旅Ⅱ 将軍吉宗のふるさと和歌山城 »