« 無数のコスモスの花が秋風に舞う昭和記念公園 | トップページ | 山形の秋の風物詩 芋煮会を楽しむ »

2011年10月29日 (土)

久しぶりの小石川植物園、10月末の休日は爽やかな秋晴れ


 
 10月も後半になると冬型の気圧配置が見られるようになり、先日は近畿地方で木枯らし1号が吹き、各地でこの秋一番の冷え込みを記録しています。今日の10/29は天気図のように雲一つない秋晴れが広がり、日差しがたっぷりで本当に爽やかな一日でした。


 秋晴れの良い天気でしたので、久しぶりに小石川植物園に出かけてきました。大きな被害をもたらした先月末の台風15号の爪痕も少しずつ修復され、いつもの平穏な園内の佇まいが戻っていました。入口の坂道を登り切った事務棟の傍らで多数のシュウメイギク(秋明菊)が出迎えてくれます。シュウメイギクは名前に菊が付いていますが、キク科ではなくキンポウゲ科の多年草です。 ピンク色の花も隣に咲いていました。


 柴田記念館のすぐ近くに、ピラカンサ(バラ科)の灌木があって、毎年このように真っ赤な実をたわわにつけて私たちを楽しませてくれます。このピラカンサにはローズデールの園芸種名がついています。


 不思議な空間のような写真ですが、これはカラタチ(枳殻、枸橘 ;ミカン科)の幹や枝の部分です。鋭い刺が互生していて、間違って触れると鋭い痛みを感じます。この刺は葉や枝が変形したものといわれています。カラタチにはミカンのような実がなります。


 園内のハナミズキ(花水木)も色づいてきました。樹の下側から空を見上げ、日光を透かして裏側から見えるハナミズキの紅葉も美しいものです。ハナミズキの紅葉の後方には緑葉や黄葉があって彩りを添えてくれます。


 最後に、わが家の庭先です。ノボタン(野牡丹)の花が次々に咲き出してきました。夏に買い求めていたのですが、その頃は花芽が多く付いていたにもかかわらず、数輪の花しか咲いていませんでした。しかし、気温が落ち着いてくると大輪の紫色の花が次々に咲くようになって大いに楽しんでいます。


|

« 無数のコスモスの花が秋風に舞う昭和記念公園 | トップページ | 山形の秋の風物詩 芋煮会を楽しむ »

季節・風景・植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518852/53117185

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの小石川植物園、10月末の休日は爽やかな秋晴れ:

« 無数のコスモスの花が秋風に舞う昭和記念公園 | トップページ | 山形の秋の風物詩 芋煮会を楽しむ »