« ゆったりとした山形での夏休み:最上川、夏祭り…… | トップページ | 今年もわが家にサギソウが咲きました »

2012年8月22日 (水)

竹島は歴史的にも国際法上も明らかに日本の領土!


 8月後半に入っても連日猛暑が続いています。猛暑の夏をさらに熱くしていたロンドン五輪が終わってヤレヤレと思っていたところ、今度は竹島への韓国李明博大統領の上陸(8/10)、尖閣諸島への香港の活動家の上陸(8/15)といったわが国への「領土侵犯」が相次ぎ、新たな熱い問題が連日マスコミを賑わしています。先月はロシアのメドベージェフ首相の国後島上陸(7/3)もあったわけで、わが国の領土に対する隣国のけん制が相次いでいます。各国の国内事情に加えて日本の不安定な政治状況や外交力の欠如などをその要因として挙げられています。早期に外交にも内政にも強いしっかりとした安定政権の確立が望まれます。

 私たちも、感情に流されることなく、まず事実関係から整理して冷静な議論を進めることが大事です。そこで、今まで一番なじみが薄かった竹島問題を調べてみることにしました。取っかかりとして外務省HPの竹島ページがよくまとまっています。


                    (外務省公式パンフレットより)


                    (外務省公式パンフレットより)

まず、地理的状況は次の通り。

■隠岐諸島の北西約157 キロメートルの日本海上に位置するする群島。島根県隠岐の島町に属する。
■東島(女島)、西島(男島)の2 つの小島とその周辺の数十の岩礁からなり、総面積は約0.21平方キロメートル(日比谷公園とほぼ同面積)。
■各島は、海面からそびえ立つ急峻な火山島であり周囲は断崖絶壁をなす。また、植生や飲料水に乏しい。

次に、竹島が歴史的事実に照らしても、かつ国際法上も明らかに我が国固有の領土である根拠を列挙しています。

■日本は古くから竹島の存在を認識していた。
■日本は、鬱陵島(うつりょうとう;現在は韓国領)に渡る船が漁採地などとして竹島を利用し、遅くとも17世紀半ばには、竹島の領有権を確立した。
■日本は、17世紀末、鬱陵島への渡航を禁止したが、竹島への渡航は禁止しなかった。
■日本政府は、1905年、竹島を島根県に編入して、竹島を領有する意思を再確認した。
■サンフランシスコ平和条約起草過程で、韓国は、日本が放棄すべき領土に竹島を含めるよう要請したが、米国は竹島が日本の管轄下にあるとして拒否した。
■竹島は、1952年、在日米軍の爆撃訓練区域として指定されており、日本の領土として扱われていたことは明らか。

これに対して、韓国側からは、我が国が竹島を実効的に支配し、領有権を確立する以前に、韓国が同島を実効的に支配していたことを示す明確な根拠は提示されていません。

■韓国が古くから竹島を認識していたという根拠がない。
■韓国が自国の主張の根拠として用いている安龍福(アン・ヨンボク)の供述には、多くの疑問点がある。

韓国は1952年に、いわゆる「李承晩ライン」を国際法に反して一方的に設定し、そのライン内に竹島を取り込み、それ以降韓国による不法占拠状態が続いている訳です。

 いわば聞き分けのない子どもが人のものを手に握って、いくら返せと言われても、自分のものだと言い張って駄々をこねている、といった状況に似ています。子どもの話であれば他愛のないこととして笑って済ませることが出来ますが、領土の話となれば大変なことです。

 韓国にも見識ある国民が大勢おられると思います。竹島が、歴史上かつ国際法上どちらに帰属するのか冷静に論点を整理して、謙虚に議論してもらいたいと思います。


【参考サイト】

外務省の竹島問題ページ
竹島問題を理解するための10のポイント(外務省公式パンフ)
Wikipedia の記事「竹島」
YouTube 【竹島問題】韓国が主張する独島論を検証
正統史観年表「竹島が日本の領土である根拠」



|

« ゆったりとした山形での夏休み:最上川、夏祭り…… | トップページ | 今年もわが家にサギソウが咲きました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

竹島情報、有難うございます。

外務省「竹島」パンフレットで、陰謀工作?発見しました(・_・)/
先程、外務省パンフの竹島拡大地図を
「国土地理院」「Google」等の地の地図と比較したら、
西島の<北東の岩礁の位置が違う>事が判明しました。

なんだか<北東の島の位置が違う>事に
心当りが在る人達が居そうです…。
よく見ると、気合の入って無い地図だし…。
御確認の上、地図の御訂正なさった方がよいかと思われます。

更に、よろしければ、正確な地図に訂正して戴くよう、
自民党や外務省に御連絡などに御連絡いただければと思います。
って外務省の「ご意見入力項目」に入力して「内容確認」ボタンをクリックしたら、突然、英語動画ページに移動してしまい、投稿出来ません…。戦後、GHQに特権を貰った朝鮮・中華系の乗取りが激しいですからね…(^_^;)。

投稿: naoatjp | 2012年12月22日 (土) 14時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518852/55489073

この記事へのトラックバック一覧です: 竹島は歴史的にも国際法上も明らかに日本の領土!:

« ゆったりとした山形での夏休み:最上川、夏祭り…… | トップページ | 今年もわが家にサギソウが咲きました »