« 暖を求めて新宿御苑の新温室へ | トップページ | いよいよ立春、マンサクの花が満開に 春の花はそろりそろり »

2013年2月 1日 (金)

国立天文台が来年の暦を発表

 
 2月1日、国立天文台が 来年の暦要項 を発表しました。2014年の春分の日は3月21日、秋分の日は9月23日になります。また、10月8日には皆既月食が全国で観察できるようです。

 国立天文台は、世界最先端の観測施設を擁する日本の天文学のナショナルセンターとして、地球・太陽系から恒星・銀河・銀河団・大規模構造・膨張宇宙へとつながる宇宙のさまざまな現象の観測と理論研究を深めることによって、人類の知的基盤を豊かなものとし、宇宙・地球・生命を一体としてとらえる新たな“自然観創成”の役割を果たすための様々な活動を行っています。
   
 この活動の一環として、毎年2月に翌年の暦要項を発表しているもので、暦要項には、国民の祝日、日曜表、二十四節気および雑節、朔弦望、東京の日出入、日食・月食などが掲載されています。

 国立天文台の暦要項によると、来年の祝日は以下の通り。
----------------------

2014年の国民の祝日

元日 1月1日
成人の日 1月13日
建国記念の日 2月11日
春分の日 3月21日
昭和の日 4月29日
憲法記念日 5月3日
みどりの日 5月4日
こどもの日 5月5日
海の日 7月21日
敬老の日 9月15日
秋分の日 9月23日
体育の日 10月13日
文化の日 11月3日
勤労感謝の日 11月23日
天皇誕生日 12月23日
----------------------


|

« 暖を求めて新宿御苑の新温室へ | トップページ | いよいよ立春、マンサクの花が満開に 春の花はそろりそろり »

季節・風景・植物」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518852/56783389

この記事へのトラックバック一覧です: 国立天文台が来年の暦を発表:

« 暖を求めて新宿御苑の新温室へ | トップページ | いよいよ立春、マンサクの花が満開に 春の花はそろりそろり »