« 小石川植物園、年末に輝く木々の紅葉・黄葉 | トップページ | 謹賀新年2015 わが家の初日、初詣 »

2014年12月13日 (土)

都心に輝くイチョウの黄葉(12月中旬-その2)

 総選挙前日(12/13)の紅葉・黄葉風景の続きです。
東京都心の街路樹にはイチョウの木が多く用いられていて、11月下旬から年末にかけて黄葉が街中に美しく輝きます。


 文京シビックセンターの展望デッキから小石川後楽園の一角が望めます。周りの道路沿いのイチョウの街路樹が黄葉しているのがよく見えます。


  

 シビックセンターから少し離れた本郷の地に東大の本郷キャンパスが広がっています。キャンパスのシンボルは、安田講堂の時計台です。構内にはイチョウの木が多く植えられていて、東大のロゴにもイチョウの紋様が用いられています。


 東大正門から入って安田講堂までの小径の両脇にイチョウの木が立ち並んでいます。街路樹のイチョウの落葉が進んできたので、安田講堂の時計台が遠くからでも見えるようになってきました。
 → 先月下旬の黄葉で覆われた風景


 東大構内の安田講堂から正門の方向の眺めです。イチョウの小径でこどもたちが落葉遊びをしています。


 キャンパス内の工学部の敷地にイチョウの大木が立っています。まだ少し黄葉が残っています。


 この大イチョウの樹下に、なにやら不可思議なオブジェが置いてあります。一見すると古民家の茅葺きの屋根のようです。


 この正体は無数の割り箸だけで作り上げられた構造物でした。大学だけあって、研究目的で作られたものでSTIKパビリオンの名が付いていました。


 東大本郷キャンパスは本郷通り沿いにありますが、この街路樹もイチョウの木です。


 お茶の水聖橋の坂を少し下ったところにニコライ堂が建っています。ニコライ堂はギリシャ正教会の大きな建物で、明治24年に建てられましたが、関東大震災で被災、その後修復されたものです。ニコライ堂の周りも黄葉が輝くイチョウの木が立ち並んでいます。


 ニコライ堂も本郷通り沿いにあります。街路樹のイチョウの木々が陽光に輝いています。

 季節は巡り、都心の黄金色も薄れ、やがて清々しい新年を迎えることになります。

|

« 小石川植物園、年末に輝く木々の紅葉・黄葉 | トップページ | 謹賀新年2015 わが家の初日、初詣 »

季節・風景・植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小石川植物園、年末に輝く木々の紅葉・黄葉 | トップページ | 謹賀新年2015 わが家の初日、初詣 »