« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月27日 (木)

「四季の植物」のコンテンツを大幅リニューアルしました!


 このたび、四季の植物@季節のスケッチのコンテンツを大幅にリニューアルしました。





 「四季の植物」のコンテンツは、2002年3月以来毎月撮影してきた季節感あふれる小石川植物園の植物の写真(木々の花、野の花、紅葉、夏木立、冬木立など)の中から、月ごとに整理し取りまとめましたもので、各月の季節のスケッチ・セレクションとも言えます。

 わが家の直ぐ近くにある小石川植物園は、植物学の研究・教育活動を目的とする東京大学附属施設ですが、誰でも自由に散策できるようになっています。私も自分の公園であるかのように、週末になる と森林浴を兼ねて、デジカメを持って野趣に富む四季折々の樹木や花々を楽しんでいます。

 今回の大幅リニューアルのポイントは次のようになります。

1)各月のすべての写真の表示を従来の横表示から、次のような縦表示に変えました。



 縦表示に変えたことにより、見やすくなってお目当ての植物を探しやすくなりました。また、各行ごとにラベルを設定したので、その植物への直接リンク機能が強化され、例えば野の花プラス@季節のスケッチのコンテンツの花の名前からここに飛んでくるようになりました。


2)野の花(草本)の写真について、小石川植物園以外の各地で撮影したものも加えました。

 魅力的な山野草に出会ったときの感激は得がたいものですが、必ずしも小石川植物園にすべて生えているとは限りません。霧ヶ峰高原の八島湿原、箱根湿生花園、西蔵王高原の山形野草園、栃木の星野の森、皇居東御苑等々、私の多くのお気に入りスポットがあって、それぞれ珍しい山野草が見つかります。そこで、「四季の植物」にこれらの貴重な山野草の写真を加えることにしました。

 ちなみに、2012年8月に訪れた霧ヶ峰高原の八島湿原からは次のような山野草がコレクションに加わりました。

ヤナギラン(柳蘭;アカバナ科ヤナギラン属)。細長い茎がヤナギに似て、花の形がランに似ているのが和名の由来



アキノキリンソウ(秋の麒麟草;キク科アキノキリンソウ属)。茎の総状の花を付けます。



キオン(黄苑;キク科キオン属)。茎の先端に黄色の鮮やかな小花が凝集しています。



ゴマナ(胡麻菜;キク科シオン属)が群生していました。よく見ると、小さい頭花が散房状に多く咲いています。葉が胡麻に似るので、この名が付いたといわれる。


ヨツバヒヨドリ(四葉鵯;キク科ヒヨドリバナ属)。フジバカマやヒヨドリバナに似る。4枚の葉が輪生します。



イブキボウフウ(伊吹防風;セリ科イブキボウフウ属)。本州北部や北海道に分布するが、南限の伊吹山最初に見つかった。



エゾカワラナデシコ(蝦夷河原撫子;ナデシコ科ナデシコ属)。北海道や本州中部以北に分布。



ワレモコウ(吾亦紅;バラ科ワレモコウ属)。秋の高原に暗赤色の丸い花穂を付けます。



タチフウロ(立風露;フウロソウ科フウロソウ属)。茎が長く立ち上がっている。




ハクサンフウロ(白山風露;フウロソウ科フウロソウ属)。高山の雪渓付近に分布。




クサフジ(草藤;マメ科ソラマメ属)が一面に咲いていました。青紫色の花がフジの花に似ています。




----------------------------------
 お盆が過ぎ、さしものすさまじい猛暑が治まってきました。台風の影響もあり、8月下旬には雨模様が続き、半袖ではうすら寒いほどになっています。ぼちぼちと出歩いて、写真撮影を復活させようかと思います。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月15日 (土)

猛暑の8月の小石川植物園は夏の花木、緑濃い夏木立など

 8月に入って、東京では35℃を超える猛暑日が8日も連続するなどすさまじい暑さを記録しました。こうなると、外出は熱中症の危険が増大するので、近くの小石川植物園ですら散策を控えることになります。また、この間に夏休みをとって郷里の山形に帰省したのですが、ここでも同様に酷暑でした。というわけで、今年の郷里の風景の撮影は断念せざるを得ませんでした。

 しかしながらこの厳しい残暑も、お盆の頃になるとさすがに和らいできました。そこで終戦記念日と重なったこの週末 (8/15) 、朝の涼しい時間帯を利用して久しぶりに小石川植物に出かけてきました。園内はやや蒸し暑かったのですが、急ぎ足で回ってサルスベリ、ムクゲ等の夏の花木や、高木・巨木の緑濃い夏木立などを楽しんできました。


(咲き続ける夏の花木)

 小石川植物園の日本庭園の一角に建つ旧東京医学校本館の赤い建物。1996年春に国内で最初の教育研究型ユニヴァーシティ・ ミュージアムを標榜する東京大学総合研究博物館として誕生。この博物館の前方には四季折々の花が楽しめるように配置されていて、この時期はサルスベリの花が咲いています。



 盛夏のシンボルとなるサルスベリ(百日紅;ミソハギ科サルスベリ属)。強い日差しの中でサルスベリの花が青空に鮮やかに咲き続けています。真紅色の花が多く見かけますが、薄紫色や白色のものもあります。また、木の幹は名前の通りつるつるしています。



 ムクゲ(木槿;アオイ科フヨウ属)も夏の季節の代表的な花木です。いろんな色合いの花が園内の随所に咲いています。風雅で落ち着いた雰囲気で夏中咲き続けます。和名は、韓国語の無窮花(ムグンファ)の読みと中国語の木槿(ムーチン)の漢字に由来するとのこと。


 炎暑の夏を延々と咲き続けるキョウチクトウ(夾竹桃 キョウチクトウ科キョウチクトウ属)。中国原産の常緑低木で、赤花と白花があります。夾竹桃の名は、葉の形状が竹に似て狭く、花が桃に似ていることからきています。木全体に毒性が強いためか、最近はあまり見かけなくなりました。

(緑濃い夏木立の佇まい)

 園内には至る所に高木・巨木が生えていて、この時期は緑濃い夏木立の佇まいを楽しむことが出来ます。これは中国原産の落葉高木キジュ(喜樹; ヌマミズキ科カンレンボク属)。キジュの果実や根にはカンプトテシンというアルカロイドを含み制癌作用があるそうです。


 ケヤキ(欅;ニレ科ケヤキ属)の夏木立です。ケヤキは樹形が美しく、国内各地に大木・巨木となったケヤキの木が分布します。特に我が郷里が誇る東根の大ケヤキ(樹齢1500年)は特別天然記念物に指定されています。


 アメリカスズカケノキ(スズカケノキ科スズカケノキ属)の雄大な木立です。アメリカスズカケノキは北米原産で日本には明治時代に渡来しました。日本で街路樹として用いられるプラタナス(モミジバスズカケノキ)は、本種とスズカケノキの雑種です。


 巨木ユリノキ(モクレン科ユリノキ属)の緑衣も見応えがあります。あふれんばかりの緑葉の中に花の名残りが少しだけ視認できます。ユリノキの花はこの5月に盛んに咲いていました。


 九州や南西諸島に分布する高木のシマサルスベリ(ミソハギ科サルスベリ属)。すべすべした木肌が豊かな緑葉で覆われています。白い花が頂上付近に咲くのですが、高すぎてよく見えません。


 ソメイヨシノ(染井吉野;バラ科サクラ亜属)の夏木立。ソメイヨシノは春のサクラの花→夏木立→秋の黄葉と四季折々に楽しめます。


 ハート型に似た円形の葉が特徴のカツラ(桂;カツラ科カツラ属)の高木が色鮮やかな緑葉で覆われていました。カツラの木は秋から冬にかけて落葉が独特の甘い香りを呈します。


 ムクノキ(椋木;ニレ科ムクノキ属)の緑濃い木立。ムクノキは成長が比較的早く大木になるため、日本では多くのムクノキが国や地方自治体の天然記念物に指定されています。


(8月の野の花)

 薬草園の近くの林地に橙色のキツネノカミソリ(狐の剃刀;ヒガンバナ科ヒガンバナ属)の花が群生していました。連日の猛暑でいささか花がゲンナリしているようでした。キツネノカミソリとは面白い名前ですが、春先の伸びた葉をキツネの剃刀にたとえ、この名が付いたとのこと。


 秋の七草の一つオミナエシ(女郎花;オミナエシ科オミナエシ属)の花が咲き始めていて、秋間近の感がします。オミナエシは直立した茎の先にあざやかな黄色の花が群生して咲きます。


 野生化したマルバアサガオ(丸葉朝顔;ヒルガオ科サツマイモ属)も園内のあちこちで見かけました。マルバアサガオの:原産地は熱帯アメリカで、わが国へは江戸時代に渡来。花の形がアサガオヒルガオによく似ています。


 オオハンゴンソウ(大反魂草;キク科オオハンゴンソウ属)が園内の随所に群生していました。北アメリカ原産の帰化植物で、国内各地でよくみられます。また花屋さんではルドベキアの名前で売られています。


 山地の林の中などに生える多年草ヤブミョウガ(藪茗荷;ツユクサ科ヤブミョウガ属)。可憐な白い花の中に黒い実が点々と付いていました。葉の形がミョウガに似ていることがヤブミョウガの名の由来になります。


 8月も後半になると、残暑も落ち着くようですが、本格的な散策の復活は9月に入ってからになりそうです。

…> 季節のスケッチ(27年8月)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »