« 3連休に迎春花が広がるろうばいの郷や世界遺産の富岡製糸場へ | トップページ | スプリング・エフェメラルを始め、多くの春の野の花が咲き出す »

2016年2月11日 (木)

2月中旬の小石川植物園、梅林に梅の香が広がる


 快晴に恵まれた建国記念日(2/11)、小石川植物園を散策してきました。年末・年始が暖かな日が続いたこともあって、花の咲き具合は例年より早めのような感じがしました。


 この日の梅林は全体の6分~7分咲きといったところで、かなり賑やかになってきました。いろんな種類の紅梅や白梅が咲き出していて、梅の香が園内一面に広がっていました。

 この日咲いていた紅梅、白梅の花の幾つかを以下に紹介します。

 この園芸種は、大盃(おおさかずき)。


 緋の司(ひのつかさ)。


 白加賀(しろかが)。


 月の桂(つきのかつら)。


 大湊(おおみなと)。


 八重寒紅(やえかんこう)。これ以外にも多くの梅の花が咲いていました。


 梅以外では、枯れ葉が枝に残ったままでシナマンサク(支那満作;マンサク科マンサク属)の花が満開になっていました。無数のふわふわした黄色の花びらが周りの空間に広がっています。マンサクという名は、春にまず咲くことに由来します。


 メタセコイア(スギ科メタセコイア属)は依然としてスクッと直立した冬木立のままです。まだ太陽の高度が低いのが分かります。

季節のスケッチ(28年2月):梅林など


|

« 3連休に迎春花が広がるろうばいの郷や世界遺産の富岡製糸場へ | トップページ | スプリング・エフェメラルを始め、多くの春の野の花が咲き出す »

季節・風景・植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3連休に迎春花が広がるろうばいの郷や世界遺産の富岡製糸場へ | トップページ | スプリング・エフェメラルを始め、多くの春の野の花が咲き出す »