« 人工知能囲碁ソフト(アルファ碁)が世界のトップ棋士を圧倒 | トップページ | サクラ満開の小石川植物園、小雨模様でも花見の宴 »

2016年3月26日 (土)

ソメイヨシノが開花、春の妖精カタクリの花も咲き出す

 3月下旬(3/26)、小石川植物園に出かけてきました。東京ではソメイヨシノの開花宣言があったのですが、その後低温の日が続き、この日は2分~3分咲きといったところでした。


 満開には程遠いのですが、ソメイヨシノの木の下では多くの人が座り込んで花見気分で楽しんでいました。いかにも日本的な光景です。


 ソメイヨシノ以外のサクラの花と言えば、2月初旬頃からカンザクラソウシュンザクラカンヒザクラ等々が次々の満開になってきています。この日は、シダレザクラが美しく青空に枝垂れていました。



 一方、春の妖精ともいわれるスプリング・エフェメラルの仲間のカタクリ(片栗;ユリ科カタクリ属)の花が咲き出していました。植物園のひっそりとした一角にカタクリの群生地があって、一年の中でこの時期だけ地上に可憐な姿を現します。カタクリは古来から親しまれてきていて、万葉集では堅香子(かたかご)の名で詠まれています。

 この時期になると、いろんな野の花が一面に咲き出して、植物園はお花畑のようになります。

 スプリング・エフェメラルの仲間のニリンソウ(二輪草;キンポウゲ科イチリンソウ属)も咲き出しました。メタセコイア林の林床がニリンソウの群生地になっています。ひとつの茎に通常2輪の花が咲くことからこの名がついています。


 ニリンソウの近くに、同じ白色の花が密生して咲いていました。ハナニラ(花韮;ユリ科イフェイオン属)の花です。清楚な白い花の形はアマナに似ていてからセイヨウアマナとも呼ばれます。


 紫色の野の花はハナダイコン(花大根;アブラナ科ハナダイコン属)です。辺り一面を花で覆いつくす様は見事です。欧米では伝統のある園芸植物です。


 池の周りの木々はシダレヤナギをはじめ、うっすらと新緑がおおい始めました。これから美しい新緑の季節を迎えます。


 わが家の目の前に植物園のハナモモが満開になっていて、毎年楽しませてもらっています。


 春の陽光を受け、わが家の花壇もようやく賑やかになってきましたなってきました。先日筑波山で買い求めてきた親子ガマも手前に置きました。

…>季節のスケッチ(28年3月)


|

« 人工知能囲碁ソフト(アルファ碁)が世界のトップ棋士を圧倒 | トップページ | サクラ満開の小石川植物園、小雨模様でも花見の宴 »

季節・風景・植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人工知能囲碁ソフト(アルファ碁)が世界のトップ棋士を圧倒 | トップページ | サクラ満開の小石川植物園、小雨模様でも花見の宴 »