« 郷里での夏休み、田んぼアートを鑑賞 | トップページ | 秋雨や曇天が続く中でも、真赤なヒガンバナが咲き出す »

2016年8月14日 (日)

厳しい残暑下の小石川植物園はサルスベリ、巨木の夏木立などが競演


 8月中旬の厳しい残暑の下、開園直後でまだ気温が上昇する前の小石川植物園をぐるっと巡ってきました。ちょうど今開催中のリオ五輪で日本選手の活躍が連日報じられていますが、植物の世界でもサルスベリをはじめとする夏の花木や巨木・高木のの夏木立、夏の野の花などが競演中でした。


 植物園の日本庭園の一角に建つ赤い建物(旧東京医学校、現東京大学総合研究博物館小石川分館)は、その周りに季節を実感する花木が配置されています。夏のこの時季はサルスベリの木に咲く百日紅といわれる花を観賞できるのですが、近年咲き具合が悪くなり、今年は全然咲いていませんでした。少し心配です。


 一方、赤い建物の右方の庭園を見やると、サルスベリの大樹が満開になっていました。手前のドウダンツツジの茂みはつる性植物のセンニンソウに淡雪のように覆われています。

(炎天に咲き続ける夏の花木)
 炎暑の夏空の下、長期に花を咲かせるサルスベリ、ムクゲおよびキョウチクトウは代表的な夏の花木と言われます。この時期の園内では、これらの花木に咲く夏の花々を楽しむことが出来ます。


 まずはサルスベリ(百日紅;ミソハギ科サルスベリ属)です。強い日差しの中でサルスベリの花が青空に鮮やかに咲き続けてます。真紅色の花が多く見かけますが、薄紫色や白色のものもあります。木の幹はスベスベしていて和名の由来になっています。


 ムクゲ(木槿;アオイ科フヨウ属)も夏の季節の風物詩になっています。いろんな色合い・模様の花が園内の随所に咲いています。風雅で落ち着いた雰囲気を醸し出しています。ムクゲというと、かつて訪れた英国のウィンザー城に咲いていたムクゲをいまでも思い出します。


 中国原産の常緑低木のキョウチクトウ(夾竹桃 キョウチクトウ科キョウチクトウ属)も夏空に長く咲き続けます。葉の形状が竹に似て、花が桃に似ていることから夾竹桃の名が付いたとのこと。白花のキョウチクトウも咲いていました。キョウチクトウは全身が有毒というので敬遠されているせいか、最近では街中であまり見かけなくなっています。


 上述の夏の花木とは意味合いが異なるのですが、小笠原諸島の父島固有の珍しいムニンノボタン(無人野牡丹;ノボタン科)の白い花を見かけました。このムニンノボタンは、かつて父島にたった1株しか残っていないという絶滅寸前まで追い詰められていたのですが、小石川植物園の施設内で増殖に成功。その後父島に再移植され順調に株数が増加しているとのこと。

(巨木・高木の夏木立)
 園内には背丈が数10メールもの巨木・高木を多数存在します。実際の森の中を歩き回っているような錯覚を覚えるほどです。この時季、これらの巨木・高木群がすっかり深まった緑葉に覆われ、見事な夏木立のたたずまいになっています。

 古井戸の近くにそびえ立つクスノキ(楠木;クスノキ科ニッケイ属)の巨木にうっそうと葉が茂っています。まるで鎮守の森の主のようです。クスノキは常緑樹ですが、春に新葉に替わります。


 スズカケノキ(スズカケノキ科スズカケノキ属)の夏木立。日本で街路樹として用いられるプラタナス(モミジバスズカケノキ)は、本種とアメリカスズカケノキの雑種です。


 ユリノキ(モクレン科ユリノキ属)の夏木立も見応えがあります。あふれんばかりの緑葉の中に花の名残りが少しだけ視認できます。ユリノキの花は5月頃に咲きます。


 これは高木のイタリアヤマナラシ(ヤナギ科ヤマナラシ属、別名セイヨウハコヤナギ;いわゆるポプラ)ですが、イタリアヤマナラシの緑葉に、夏緑性のナツヅタがぎっしりと絡みついています。面白い風景です。

(季節の野の花)
 野の花の世界も賑やかです。この時期はほかの植物を覆うつる性植物の活動が盛んです。また、立秋が過ぎたこともあり秋の七草が目立つようになります。

 秋の七草の一つのオミナエシ(女郎花;オミナエシ科オミナエシ属)。オミナエシの花を見ると初秋の季節を実感させられます。直立した茎の先にあざやかな黄色の花が群生して咲きます。黄色い花が粟(あわ)に似ていることから、粟花ともいわれる。


 園内の至る所にオオハンゴンソウ(大反魂草;キク科オオハンゴンソウ属)が群生しています。北アメリカ原産の帰化植物で、今ではわが国の各地で野生化しています。また、ルドベキアの名前で花市場に流通しています。


 全国に分布する多年草のツルボ(蔓穂;ユリ科ツルボ属)です。園内のいろんなところで、小柄でピンク色の花穂を付けていました。かつて、ツルボの鱗茎は飢饉の時に食用に供され役立ったそうです。


 つる性植物で野生化したマルバアサガオ(丸葉朝顔;ヒルガオ科サツマイモ属)を園内のあちこちで見かけました。熱帯アメリカ原産で、わが国へは江戸時代に渡来。花の形がアサガオヒルガオによく似ています。


 繁殖力が旺盛で木々を覆い尽くしてしまい、グリーンモンスターとも呼ばれるクズ(葛;マメ科クズ属)に赤紫色の葛の花も咲いていました。根からは葛澱粉が採れ、この根は葛根(カッコン)と呼ばれ、漢方薬として使われます。クズも秋の七草の一つです。


 藪を覆って枯らしてしまうほど生育が旺盛といわれるヤブガラシ(藪枯らし;ブドウ科ヤブガラシ属)も花を付けて、随所に広がっています。庭の手入れを怠ると広がるのでビンボウカズラ(貧乏葛)とも呼ばれます。

 上述以外にも、色んな花木、夏木立、野の花を見かけました。詳しくは、季節のスケッチ(28年8月)をご覧ください。



|

« 郷里での夏休み、田んぼアートを鑑賞 | トップページ | 秋雨や曇天が続く中でも、真赤なヒガンバナが咲き出す »

季節・風景・植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 郷里での夏休み、田んぼアートを鑑賞 | トップページ | 秋雨や曇天が続く中でも、真赤なヒガンバナが咲き出す »