« 2017年8月 | トップページ

2017年9月

2017年9月18日 (月)

敬老の日、小石川植物園の随所に真赤な彼岸花が咲き出す


 敬老の日(9/18)は台風18号が過ぎ去り、晴れた秋空が広がりましたが、台風が持ち込んだ暖気の影響で東京の気温が33℃まで上がり真夏のような暑さでした。この日は、朝早めに小石川植物を回ってきましたが、園内の至るところに真赤な彼岸花が咲き出していました。




 入園し坂道を上りつめた土手の斜面一面がヒガンバナの群生地になっています。赤色、白色、淡黄色のヒガンバナが広がっていました。ヒガンバナは不思議なことにいつも秋の彼岸の頃に満開になります。この日の敬老の日(9/18)も彼岸入(9/20)り直前で、ほぼ満開でした。園内のヒガンバナは大部分が真赤な赤色ですが、少しだけ淡い黄色、白色のものも混じっています。



 桜並木の近辺の草地や林地にも真赤なヒガンバナを見かけました。ヒガンバナは多くの呼び名があります。曼珠沙華(まんじしゃげ)の別名が最も有名ですが、サンスクリット語からきたもので天界に咲く美しい花ということです。一方、わが国では墓地などにも植えられ、ちょうど秋の彼岸の時期に咲くことから、死人花、幽霊花などの異名が付いています。先祖の霊を弔う雰囲気に合っています。



 メタセコイア林周辺の広大な林地もヒガンバナの群生地になっています。春から初夏の頃には、ニリンソウハナニラオオアマナなどの白花の野の花が咲き競う美しい花園になっていますが、この時期は赤色の光景に一変します。



 ヒガンバナは全草有毒で、特に鱗茎にアルカロイドを多く含む有毒植物です。しかし不思議なことにアゲハには毒性が効かないようで、アゲハは大好物のヒガンバナの蜜を吸うため、よく集います。



 この日の園内はさながら彼岸花デーといった感じでしたが、ヒガンバナ以外の花も少し紹介します。フクロミモクゲンジ(袋実木欒子; ムクロジ科モクゲンジ属)の高木を見上げると、黄色の花が盛んに咲いていました。golden rain tree の英語名の通り、この黄色の細かい花が降り注いで、 木の下の地面が黄色のじゅうたんのようになっています。


 八重咲きのスイフヨウ(酔芙蓉;アオイ科フヨウ属)の花が今月上旬から咲き続けていました。スイフヨウの花は一日花で、白色から薄赤色に徐々に変わって萎んでしまうので、今日の花(白)と昨日の花(赤)が同居していることになります。

 上記以外の写真もあります。
   …> 季節のスケッチ(29年9月)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日)

9月初旬の小石川植物園、ススキ、ハギなど秋の風情ただよう


 9月に入って最初の日曜日、国内外からビッグニュースが飛び込んできました。海外からは、隣国の北朝鮮が水爆級の核実験を実施したとのニュースです。最近、盛んにICBM用の弾道ミサイルの発射実験を繰り返していましたが、今度はICBMに搭載する核弾頭の実験だそうです。一体、北朝鮮がどこに向かって進もうとしているのか、正直言って予測不能です。

 一方、国内では将棋界からの素晴らしいニュースです。破竹の快進撃を続ける中学生棋士の藤井聡太4段が、NHK杯のテレビ棋戦で永世名人の資格を持つ超一流棋士の森内俊之九段にも見事勝利しました。ずっと番組を見ていましたが、従来の棋士とは異なる戦法でもってたちまち局面をリードし、そのまま寄り切った感じでした。まるでAIを内包しているかのような新感覚の天才棋士の出現です。今後の活躍が大いに楽しみです。

 さて、自然界では9月に入った途端、これまでの蒸し暑さが一変し、さわやかな天気になりましたので、久しぶりに小石川植物園を回ってきました。園内では、サルスベリ、ムクゲなどの夏の花々もまだ咲き残っていましたが、ススキ、オミナエシ、ハギなどの秋の七草も見かけるようになり、園内には早くも秋の風情が漂っていました。


 日本庭園の池の周りに秋の七草のススキ(イネ科ススキ属)の穂が立ってきて、風にそよいでいました。ススキは尾花とも呼ばれ、全国津々浦々に見かけます。古くから親しまれ、お月見には欠かせない草です。


 ハギ(萩;マメ科ハギ属)の紅紫色の小さな花も咲き始めました。ハギは草本ではなく木本に属しますが、秋の七草の一つに数えられています。細い枝が風に揺れ、しなやかに枝垂れる様や、中秋に花の散りこぼれる様は昔から多くの人に親しまれてきました。


 やはり秋の七草のオミナエシ(女郎花;オミナエシ科オミナエシ属)も盛んに花を付けていました。直立した茎の先に細かいあざやかな黄色の花が群生して咲きます。オミナエシの隣にはオトコエシ(男郎花;オミナエシ科オミナエシ属)の白い花が咲いていました。


 常緑高木のシラカシ(白樫;ブナ科コナラ属)の木の枝をよく見ると、小さな木の実が付き始めていました。もう少し経つと茶色に変わって秋の風物詩のドングリになります。


 落葉低木スイフヨウ(酔芙蓉;アオイ科フヨウ属)に花が咲き始めました。スイフヨウの花は一日花で、朝方の真白な花から時間の経過とともに、酔いが回ったかのように次第に赤みが増してきます。左側の赤い花は前日の残りと思われます。


 日本庭園の赤い建物の前に白い花が咲いていました。白いサルスベリのようでもあるし、確認のため近づいてみました。すると、……


 その正体は、つる性の草本のセンニンソウ(仙人草;キンポウゲ科センニンソウ属)でした。ふわふわとした小さな白色の花が群がって咲き、長い葉柄があって他の植物によく絡みつきます。葉の先に生えている白い毛を仙人のヒゲや白髪に見立てこの名が付いたとのこと。センニンソウはこの時期、随所に繁茂しています。


 つる性植物のヤブガラシ(藪枯らし;ブドウ科ヤブガラシ属、別名は貧乏葛)も、至るところに広がり、他の植物を覆っていました。藪を覆って枯らしてしまうと言われるほど生育が 旺盛です。ハチが花の蜜を吸っていました。


 この時期、園内の草むらでは全国に分布する多年草のツルボ(蔓穂;ユリ科ツルボ属)が群生しています。小柄でピンク色の花穂を付けています。かつて、ツルボの鱗茎は飢饉の時に食用に供されたそうです。


 ヤブラン(薮蘭;ユリ科ヤブラン属)も日陰の草むらとか大木の根元などに群生しています。紫色の穗状の小さな花を随所に見かけます。ヤブランは東アジアに分布し、開花期は夏から秋です。 落ち着いた風情で和風の庭園などによく似合います。

 この他にもいろんな写真をアップしています。
       …> 季節のスケッチ(29年9月)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ