武蔵野・秩父

2019年2月21日 (木)

秩父の山里に咲く幻の福寿草(秩父紅)との出会い


 秩父の山里でオレンジ色に輝く福寿草(秩父紅)が満開とのニュースがTVで流れましたので、早速2/21に車を飛ばし、紅秩父との初めての出会いを果たしてきました。さらに、奥秩父の節分草の自生地が近接していましたので、紅秩父のアトに足を伸ばしてきました。

皆野町のフクジュソウ(秩父紅)

 秩父の山里の皆野町にあるムクゲ自然公園では、幻の福寿草といわれオレンジ色に輝く秩父紅(ちちぶべに)が原種の福寿草とともに山の斜面に1万本植栽されています。TVのニュース番組を見て、早速クルマで出かけてきました。都心から関越道に乗り花園インター経由で約2時間ほどで現地到着です。


 秩父紅は秩父山系に咲く紅色(輝くオレンジ色)の福寿草の総称で秩父固有種です。公園内の案内板によると、秩父紅は江戸中期以前、秩父山中の自生種あるいは移植された福寿草から突然変異で出現したものと推測されています。



 秩父紅は黄金色の福寿草と同様、何株かまとまって生息しています。オレンジ色に輝く秩父紅は幸せを呼ぶとされていますが、確かにほの暖かな感じの花が家族のように肩を寄せ合って咲き出していて、幸せな感じがあふれているかのように見えます。


 秩父紅に隣接した斜面では黄金色に輝く原種のフクジュソウ(福寿草)がやはり見頃を迎えていました。黄金色のフクジュソウはオレンジ色の秩父紅に比べ、遠くからでもよく目立ちます。斜面の枯葉のすき間から数多くの花が陽光を求めて顔を出してきたかのようです。


 フクジュソウ(キンポウゲ科フクジュソウ属)は北海道から九州にかけて分布し、山林に生育します。春の妖精(スプリング・エフェメラル)の仲間で、落葉樹がまだ冬木の状態の春の一時期だけ地上に出現し、春の陽光を独り占めします。そして落葉樹に葉が茂り始めると球根の状態で地中に戻り、翌年の春先をじっと待ちます。


小鹿野町両神地域のセツブンソウ

 秩父紅の次のお目当てはセツブンソウ(節分草;キンポウゲ科セツブンソウ属)です。皆野町からクルマを30分程走らせ、小鹿野町両神地域の節分草園(セツブンソウの自生地)まで足を伸ばしてきました。


 昨年3月に訪れた時には、ちょうど満開になった無数のセツブンソウが一面に咲き広がっていて圧巻の眺めでしたが、この日は2月下旬で少し早めです。それでも、前日の暖かさでぽつりぽつりとセツブンソウが咲き始めたところでした。


 石灰岩地を好むセツブンソウの主な自生地として、わが国では埼玉県小鹿野町両神小森、栃木県栃木市星野の里、広島県庄原市総領地域などが挙げられます。奥秩父山地に位置する小鹿野町両神地域の両神小森は石灰岩地で、2月から3月にかけて可憐な小さく白い花を咲かせるセツブンソウが山の斜面に自生しています。


 セツブンソウもカタクリ、アマナ、ユキワリイチゲ、フクジュソウなどの他のスプリング・エフェメラルの仲間と同じように、落葉した広葉樹林に春の陽光が差し込んでくるのをじっと林床の下で待ち、そしてこのように地上に出た後、精一杯に命を輝かせながらつかの間の春を謳歌します。


 これ以外にも、いろんな写真をアップしています。
   …> 季節のスケッチ(2019年2月 秩父)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月21日 (月)

秩父路長瀞の宝登山に黄金色のロウバイの花咲く



 今年は二十四節気の大寒の頃になっても穏やかな冬晴れの日が続いています。1/21、ロウバイの花を求めて秩父路長瀞町の宝登山までドライブしてきました。宝登山山中のロウバイ園にて秩父連山を遠方に眺めながら黄金色に咲き出した花を楽しみ、その後、長瀞岩畳も回ってきました。


 標高497メートルの宝登山の山頂付近に広大なロウバイ園が広がっています。全体としてまだ咲き始めの状態ですが、部分的には5分咲きの所もありました。


 ロウバイの花の枝先には、秩父のシンボルの武甲山、鋸状の山容をした両神山などの秩父の山々が連なっていて雄大な景観です。


 眼下に長瀞町の町並みや長瀞渓流の岩畳が一望できます。


 広大な園地に約3,000本ものロウバイの木が植えられています。素心、和臘梅、満月の3種類のロウバイの花が青空の下、美しく咲き出していました。


 宝登山の登山道のコースは、主に山道を歩く関東ふれあいの道(高尾山、奥多摩、秩父、上毛三山、筑波山、九十九里浜、房総、三浦半島、丹沢などを結ぶ関東地方1都6県をぐるりと1周する総延長1,799kmの首都圏自然歩道)に含まれています。


 宝登山ロープウエイ駅から下ってすぐの所に建つ宝登山神社(本殿)を参拝してきました。宝登山神社は秩父神社、三峯神社とともに秩父三社を成します。


 宝登山神社の奥宮は宝登山山頂のロウバイ園に隣接する林地に鎮座しています。


 最後に有名な長瀞岩畳(特別天然記念物)にも立ち寄ってきました。宝登山神社から車で5分位の近さです。荒川上流にある全長6キロの長瀞渓谷の中、変成岩帯が地表に露出していて畳を敷き詰めたように見える長瀞岩畳が広がっています。


 この付近の荒川は岩畳で青く淀んだ瀞となっていて、美しい景観を楽しむことができます。また、この地から長瀞ライン下りの船が出ています。

  …> 季節のスケッチ(2019年1月 秩父長瀞)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月10日 (土)

奥秩父の自生地に咲き広がる無数のセツブンソウ



 3月上旬、奥秩父に自生するセツブンソウが満開だということで、関越道と皆野寄居有料道路を乗り継ぎ、小鹿野町両神地域の節分草園を訪れてきました。両神小森の一角に張り巡らされた園内では、満開になった無数のセツブンソウが一面に咲き広がっていて圧巻の眺めでした。


 奥秩父山地に位置する小鹿野町両神地域の両神小森に2月から3月にかけて可憐な小さく白い花を咲かせるセツブンソウの自生地が広がっています。広葉落葉樹に囲まれたこの自生地は、節分草園として小鹿野町が管理運営に当たっています。石灰岩地を好むセツブンソウの主な自生地として、わが国では埼玉県小鹿野町両神小森、栃木県栃木市星野の里、広島県庄原市総領地域などが挙げられます。近年、セツブンソウは乱獲や自生地の環境破壊によって希少植物になっています。


 奥秩父の両神小森に咲き広がるセツブンソウ(節分草;キンポウゲ科セツブンソウ属)はちょうど満開の時期でした。落葉樹林の隙間から差し込んでくる春の陽光を受け、地上の枯葉やコケの間から可憐な小さな白い花が一斉に吹き出しているかのようで見事な眺めでした。圧巻の光景です。


 セツブンソウは春の妖精(スプリング・エフェメラル)の仲間とされています。春の妖精(スプリング・エフェメラル)と呼ばれる山野草は、春先に花を咲かせた後、夏までの間に光合成を行って地下の栄養貯蔵器官や種子に栄養分を蓄えます。そして、その後は春まで地中の地下茎や球根の姿で過ごすというライフサイクルを持ちます。


 セツブンソウもカタクリ、アマナ、ユキワリイチゲなどの他のスプリング・エフェメラルの仲間と同じように、落葉した広葉樹林に春の陽光が差し込んでくるのをじっと林床の下で待ち、そしてこのように地上に出た後、精一杯に命を輝かせながらつかの間の春を謳歌します。


 園の入口に臨時の小さなの出店があって、地元産品を販売していました。無数のセツブンソウに感動した後、黄金色のフクジュソウの鉢ポットや美味しそうなジャムなどを買い求め、そして帰途につきました。この日はいいドライブになりました。

 このほかにもいろんな写真をアップしています。
  …> 季節のスケッチ(2018年3月 奥秩父)
  …> Photo Gallery(奥秩父のセツブンソウ)


| | コメント (0)

2011年10月10日 (月)

無数のコスモスの花が秋風に舞う昭和記念公園


 10月8日~10日の3連休は秋晴れの好天に恵まれました。実は9日に八ヶ岳のシルクロード美術館を目指して家を出たのですが、事故渋滞に巻き込まれ車が全然進まなくなって、八王子インターで高速を下りることにしました。高速を下りて地図を広げてみたら、国営昭和記念公園がすぐ近くにあることを発見、同公園に目的地を急遽変更することにしました。



 昭和記念公園は昭和天皇御在位五十年記念事業の一環として、立川米軍基地跡地のうちの180haもの広大な土地に「緑の回復と人間性の向上」をテーマに建設されることになった国営公園です。公園は、森のゾーン、広場ゾーン、水のゾーン、展示施設ゾーン、みどりの文化ゾーンに分けられ、サイクリングコースや遊歩道なども整備されています。

 八王子インターからは15分程で到着しましたが、入口付近は大勢の入園者で大混雑。入園切符を求めるだけで長い行列が出来ていて、30分も待たされました。


 公園内に「みんなの原っぱ」があって真ん中に大ケヤキが植えられています。この大ケヤキの周りの芝生に大勢の人が座り込んで休んでいるのが見えます。原っぱの花畑には無数のコスモスの花が咲いて秋風に舞っていました。


 公園の奥の方に進んでいくと、「花の丘」の斜面にやはり何千本ものコスモスの花が一面咲いていて、その風景は見事で圧巻です。先日の台風15号で公園内のコスモスが相当に被害を受けたと聞いていたのですが、回復ぶりはすごいものです。



 公園内には、コスモスのほかにも色んな花が咲いていました。これは、ピンク色や白色のシュウメイギク(秋明菊)です。名前に菊が付いているのでキク科のように思ってしまいますが、実はキンポウゲ科の多年草で、アネモネの仲間です。キブネギク(貴船菊)の別名もあります。


 花木では、やはりキンモクセイ(金木星)の黄金色の花が芳香を放ちながら、たわわに咲いていました。公園内では、金木星の大木を数多く見かけました。


 初夏に美しい花を咲かせるハナミズキ(花水木)ですが、秋になると赤い実を付け、紅葉が確実に進んできました。

 この180haの広さのこの公園はあまりにも広大で、直線の幹線の道を歩いて往復しただけで疲れてしまいましたが、それでも天気が良かったのと無数のコスモスの花が秋風に舞う風景に出会えたので、訪れてみて良かったと思いました。

  …> 季節のスケッチ(23年11月 昭和記念公園)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

巾着田は一面曼珠沙華の赤い絨毯


 10月に入って初めての週末、奥武蔵にある日高市の巾着田(きんちゃくだ)を訪れてきました。満開の彼岸花に出会い感激しました。

 巾着田とは、日高市内を流れる高麗川の蛇行により長い年月をかけて形成され、その形が巾着(きんちゃく)の形に似ていることから、そのように呼ばれています。


 面積約22ヘクタールの川に囲まれた巾着田の平地は、曼珠沙華(彼岸花のこと)群生地になっていて、ちょうど赤い絨毯を敷き詰めたように一面が満開の彼岸花で真紅に染まっていました。あまりの美しさに息をのみ、感動を覚えました。この地は水田の休耕田でしたが、地元では彼岸花、菜の花、コスモスの種蒔き、球根手入れや草刈りを丁寧に行って整備しているとのことです。


 巾着田の高麗川に架かっている歩行者専用橋の「あいあい橋」は、このように大勢の見物者がゾロゾロと渡っていました。この橋は長さ約百メートルの木製トラスト構造で、橋自体も見事な景観になっています。


 彼岸花はヒガンバナ科の多年草で、秋の彼岸の頃に真っ赤に妖美に咲きます。白いヒガンバナも少しだけ交じっていました。曼珠沙華の別名があるように、先祖の霊を弔う風情が満ち満ちています。


 広大な巾着田の一角はコスモスの花畑になっていて、無数の花が風に舞っていました。今回は彼岸花のみならず、コスモスの花も楽しんできました。後方の山は奥武蔵の山の一つ日和田山です。日高市のシンボルとして親しまれていて、ハイキングコースとなっています。
   …> 季節のスケッチ(22年10月)

巾着田の地図は次の通り。

続きを読む "巾着田は一面曼珠沙華の赤い絨毯"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月29日 (水)

小石川植物園などの各地の秋の風景です


 10月の各地の風景です。内外ではサブプライムローン破綻に端を発した同時世界株暴落や急速な円高騰の進行など大変な経済状況になっていますが、自然界は着実に季節が進展しています。秋晴れが続き、いよいよ本格的な秋の到来です。10月の季節のスケッチでは少しずつ秋の装いになってきた小石川植物園をはじめとする各地の秋の風景を紹介します。

  …> 季節のスケッチ(20年10月)


 小石川植物園は紅葉はまだですが、着実に秋が進行しています。池ではカモが涼しげに泳いでいます。園内ではシオン、シュウメイギク、キンモクセなどの秋の花々やピラカンサやハナミズキなどの赤い木の実などを見かけました。

秋風に舞うコスモス
 国立武蔵丘陵森林公園では赤、白、ピンクのコスモスの花が風に舞っています。美しい風景です。



 鶴岡八幡宮、臨済宗円覚寺、臨済宗建長寺(上)などの鎌倉の写真もアップしています。


 浜離宮恩賜庭園へ行ってみました。潮入の池と二つの鴨場をもつ江戸時代の代表的な大名庭園です。ここではキバナコスモスが隣接する汐留の高層ビルを背景にして乱舞していました。→ ブログ記事

宜野湾トロピカルビーチ(沖縄)
 沖縄の風景です。本土は秋ですが、沖縄はまだ夏の気候です。宜野湾トロピカルビーチにはまだ人出がありました。→ ブログ記事

| | コメント (0)